三浦皇成ジョッキーの新人年間最多勝利記録は印象に残っています。

 

中央競馬では新人騎手が大きな活躍をして話題になる事は非常に少ないです。

それは、現在の調教師や馬主がジョッキーの実績を非常に重視している事が大きな要因です。

それに加えて海外のジョッキーの参戦や地方競馬の一流ジョッキーが中央競馬に転身しております。

 

これにより、新人騎手の騎乗機会は少なくなっております。

ですので、新人騎手が活躍して話題になったのは、1987年にデビューした「武豊」ジョッキーまで遡る事になります。

 

武豊ジョッキーが保持する新人年間最多勝利記録は二度と破られないと言われているものでありましたが、2008年にデビューした「三浦皇成」ジョッキーによって更新されました。

この事は、現在の新人騎手を取り巻く環境を考慮すると異例で、三浦皇成ジョッキーの記録も簡単には更新されないでしょう。

 

三浦皇成ジョッキーの記録更新の舞台裏では、師匠である河野調教師の存在が非常に大きかったです。

河野調教師は弟子である三浦皇成ジョッキーの騎乗機会を増やすために、他の調教師や馬主さんに頭を下げてお願いしたそうです。

勿論、その期待に応えた三浦皇成ジョッキーも素晴らしいのですが、弟子のために頭を下げてお願いして回った河野調教師も素晴らしいと思います。

 

残念ながら、その後に三浦皇成ジョッキーと河野調教師のタッグは解消されてしまいます。

更に河野調教師は不祥事があって、競馬界から追放されました。

 

しかし、三浦皇成ジョッキーと河野調教師のエピソードはとても印象に残るもので、今後も素晴らしい師弟関係が競馬界から生まれる事を願っております。

 

三浦皇成騎手レース前インタビュー

 

 

(画像出典:ウィキペディア)

 

三浦 皇成(みうら こうせい)

1989年12月19日

東京都練馬区出身

日本中央競馬会・美浦トレーニングセンター所属