外国人騎手のパイオニア、オリビエ・ペリエ騎手

 

今でこそ、当たり前のように外国人騎手が短期免許で来日し、社台を中心に有力馬に騎乗し、平場のレースからGⅠ競争まで多数勝利を上げていますが、彼らがこぞって来日するようになったのは、フランス人騎手、「オリビエ・ペリエ」騎手の活躍があったからに他ありません。

 

彼は、来日当初から日本文化を勉強し、ムラ社会と言われる閉鎖的な日本競馬界に溶け込み結果を出し続けました。

日本の競馬に慣れるため、彼は一番上手い騎手と感じた「岡部幸雄」騎手の騎乗を勉強し、日本競馬独特のペース配分やコースの位置取りを覚えていったそうです。

 

もともと、凱旋門賞を三連覇する程の名手ですから、日本の競馬にも慣れてからは、その実力を如何なく発揮しました。

有馬記念三連覇や三週連続GⅠ勝利など、これまでの日本人騎手でさえ成し得なかった大記録をうちたてました。

 

大の日本好きとしても有名で、うどんが大好物なのはとても有名です。

しかも大変明るい性格でファンも多く、騎手との交流も盛んです。

 

武豊」騎手がフランスに遠征に行った時には、通訳などで助けてあげたり、今では毎年のように来日して活躍を続ける「クリストフ・ルメール」騎手も、ペリエ騎手の勧めで日本で騎乗するようになりました。

 

現在、彼は凱旋門賞で「オルフェーブル」を破った「ソレミア」の馬主と専属騎手として活躍しています。

まだ契約は続いているため、その馬主の馬が日本で出走しないと来日することはありません。

 

また、ペリエ騎手の来日してくれることを楽しみにしている競馬ファンは私だけではないと思います。

 

ガンバレ!馬君 Stage45 オリビエ・ペリエ騎手

 


 

 

 

オリビエ・ペリエ騎手にまた来日して欲しい

 

 

私が応援していた騎手は、日本人ではなく、フランス人の「オリビエ・ペリエ」さんです。
彼の乗った馬はレースがとても安定していて、最期の直線でしなやかに飛び出して来るのです。

 

私が競馬を知った頃に一番活躍していたので、何となく迷った時には全てペリエ騎手の乗る馬に投票していました。
シンボリクリスエス」とのペアが最強で、何度もお世話になったことは言うまでもありません。

 

競馬というものはあくまで馬勝負だと思っていのですが、騎手がこんなに重要な役割を果たすものだと分かり、予想をするのが楽しみになりました。
私は競馬について詳しいことはよく分からなかったのですが、当時私の主人が「ペリエさんは乗り方が上手だね」と言っていました。
レース後にもテレビの実況中継でコメンテイターが同じことを言っていました。
それほど馬が奇麗にゴールをしてくるのが分かるのです。

 

三週連続G1制覇という偉業を成し遂げられたのも、ペリエ騎手のテクニックによるものだと思います。
また、インタビューの時も明るくフランス人らしくオシャレな受け答えなのですが、何故か関西弁なところがとてもユーモアを感じさせてくれました。

 

ペリエ騎手が日本を離れてから、予想をしても結局どの馬に決めていいのか決定打に欠け、私はすっかり競馬から遠のいてしまいました。
今もドバイ等で活躍しているそうですが、是非もう一度日本での雄姿を見てみたいです。

 

(画像出典:ウィキペディア)

 

オリビエ・ペリエ(Olivier Peslier)

1973年1月12日

フランス・マイエンヌ県シャトー=ゴンティエ出身