大井の生きる伝説、的場文男騎手

 

大井競馬場の「的場文男」騎手。

今では中央競馬のリーディングジョッキーとなった「内田博幸」騎手も、この度中央競馬に移籍した南関トップジョッキーの「戸崎圭太」騎手もも皆が尊敬し、憧れている騎手です。

 

的場文男騎手は全てにおいて、桁違い、規格外の騎手といっても過言ではありません。

通算6000勝という金字塔は、過去に的場騎手と元川崎競馬の「佐々木竹見」騎手の二人しかいません。

さして的場騎手は今年で56歳を迎えます。

中央の騎手でもこの年まで現役、しかもトップジョッキーとして活躍する人を見たことがありません。

 

地方競馬はほぼ毎日のようにレースがあり、とてもハードなスケジュールをこなしていきます。

にもかかわらず、パフォーマンスを落とすことなく今も乗り続けることが出来るのは、人並み外れた強靭な肉体があってこそだと思います。

 

私は、一度だけ、平和島のクアハウスの大浴場で、偶然的場騎手をお見かけしたことがあります。

その時、私の目に飛び込んできたのは、筋骨隆々の鋼の様な肉体でした。

競馬の騎手ですから当然無駄なぜい肉などありませんが、まるで20代のような美しい体に一瞬見とれてしまった程でした。

 

そんな的場騎手も何故か南関競馬の優駿、東京ダービーだけは未勝利でいます。

今では大井競馬場の七不思議とまで言われています。

 

大井競馬ファンは、一人の例外もなく的場騎手のダービー制覇を望んでいるはずです。

そしてその瞬間に立ち会い、本人と一緒に思い切り嬉し泣きをしたいと思っているのです。

 

J’s Dream 的場文男 1/3

 

 

 

 

大井所属の的場文男騎手

 

 

私が好きな騎手は地方競馬、大井所属の「的場文男」騎手です。

その魅力はなんといっても独特の騎乗スタイルではないでしょうか。

直線で馬を追い出す姿はまさに鬼。

身体を上下動させ力いっぱい体重をかけながら、バシバシとムチをふるう姿は多くのファンを魅了しています。

 

これは芝の上を走ることの多い中央競馬の騎手には見られないスタイルです。

その一連の動作を見ているだけで馬券を買っているファンだけでなく見ている観客も興奮させますから、プロスポーツのなんたるかを体現しているのではないでしょうか。

 

ファンに喜んでもらう、ファンのためにレースで全力を尽くすというプロフェッショナリズムを感じ取ることができます。

本人のインタビュー記事を読んだことがあるのですが、まさにファンのために、という思いが端々にあらわれているんです。

 

5年くらい前でしょうか、的場騎手は馬に蹴られたことによって大怪我を負っています。

そのときすでに50代、ほかのスポーツと比べて比較的現役時代が長い騎手ですが、ケガをきっかけに引退してもおかしくはありません。

しかし的場騎手は、応援してくれるファンがいるのだから、という思い一心で見事にカムバックを果たします。

 

復帰してからも以前と変わらないパワフルな騎乗スタイルでレースに出走し、以前と変わらない活躍をしているのですから驚きです。

 

大井競馬 的場文男騎手挨拶

 


 

(画像出典:ウィキペディア)

 

的場 文男(まとば ふみお)

1956年9月7日

福岡県大川市出身

大井競馬場庄子連兵厩舎所属