インコースにこだわる魅力・横山典弘騎手

 

私が好きな騎手はすでに名手の領域にある関東のエース、「横山典弘」騎手です。

どんな騎乗でもでき、オールマイティーで高いレベルにある横山典騎手ですが、その中でも私が特に注目しているのが「インコースにこだわった騎乗」です。

競馬は内枠の馬でも、外枠の馬でも同じスタート地点からスタートする以上、インコースを通った馬が圧倒的に有利です。

しかし、当たり前の事ですが、馬の性格や競馬場の特性など諸所の事情を考慮し、そう簡単にインコースをつくことはできません。

 

また、インコース有利は騎手にとっても当たり前すぎる常識ですから、厳しいポジション争いになります。

そんな中でも、インコースからスパッと抜け出てる騎乗は横山典騎手がもっている魅力の1つなのです。

 

例えば、横山典騎手の悲願であった日本ダービーを、2009年に「ロジユニヴァース」とのコンビで制した時がそうです。

この時のダービーは史上まれにみる極悪馬場で、いつも以上にスタミナのいる展開になりました。

 

この時のロジユニヴァースは皐月賞を1番人気で大敗したとは言え、それでも2番人気に支持されていました。

そんな中、1枠1番という枠を最大の味方につけて横山騎手は終始インコースにこだわった騎乗で、直線に向いても逃げる「武豊」騎手の「リーチザクラウン」の内に入っていきました。

ラチとの間わずか1頭分のスペースを躊躇なく狙えるのは、横山典騎手の高い技術があってこそです。

ましてや競馬は0.1秒を争う世界で、ほんの僅かなロスが勝敗を決してしまうのです。

 

こうしたインコースにこだわった騎乗は「魅せる」騎乗につながり、本物のプロとして尊敬できます。

もはやベテランの域にある横山典騎手ですが、これからも末永くファンを魅了して欲しいと思っています。

 

横山典弘 1/2

 

 

 

 

ガッツポーズがかっこいい横山典弘騎手

 

 

現役のJRA騎手の中で「武豊」騎手に次いで通算勝ち星が多いのが「横山典弘」騎手です。

全国リーディングも取ったことのあるトップジョッキーですが、たまに最後方からレースを進めて馬に無理をさせずにレースが終わってしまうということもあり本当の博打という面がありますが、勝ったときは素晴らしいものがあります。

 

特に自分が好きなのが重賞を勝ったときのガッツポーズです。

G1を勝ったときのガッツポーズも本当にかっこいいのですが、自分が好きなのはG2やG3を勝った時にやる控えめなガッツポーズが特に好きです。

印象的だったのが、昨年の札幌2歳ステークス。

2歳馬の地方G3なのですが、注目馬も多数出走していた中での「コディーノ」での完勝劇でした。

2歳馬の早い時期の重賞なのに、あのようなガッツポーズをするということは相当期待しているという表れなのかもしれませんが、ゴールを1着で駆け抜けたときに左人差し指を突き上げるというガッツポーズは横山典弘騎手がやると本当に絵になります。

 

関東のレースでは信頼していますし、重賞の時は人気薄でもヒモとして買ってみることが多くありますし、勝ったときのパフォーマンスが良いのも一人の競馬ファンとしていつも注目しています。

しばらくG1を勝っていないので、ぜひ勝ってもらってかっこいいガッツポーズを見せてもらいたいなと思っています。

これからも勝ち星を量産してほしいと思っています。

 

2012年第7回ヴィクトリアマイル/横山典弘騎手勝利ジョッキーインタビュー

 


 

(画像出典:ウィキペディア)

 

横山 典弘(よこやま のりひろ)

1968年2月23日

東京都府中市出身

日本中央競馬会 (JRA) 騎手

美浦トレーニングセンター所属で現在はフリー