岩田康誠騎手とジェンティルドンナのタッグについて

 

岩田康誠」さんは、私が好きな騎手のなかのひとりです。

彼が出ていると信用して馬券を買ってしまいます。

それくらい岩田さんが出ていると評価が大きくなってしまいます。

 

私の好きな馬の「ジェンティルドンナ」とタッグを組んだ時の岩田さんは本当に強いと思います。

ジェンティルドンナと最初に組んだのは、チューリップ賞の時でした。

4番人気だった馬が2着とまずまずの結果でした。

そして迎えた桜花賞、3番人気で挑みました。

 

直線最後に、「ヴィルシーナ」、「アイムユアーズ」、「ジェンティルドンナ」の叩き合いは熱が入ってしまいました。

岩田さんが必死で鞭を叩いていたのは今でも覚えております。

 

そして、その後はオークス、秋華賞と三冠馬ととりまるで最初から決まっていたかのように三冠馬になってしまいました。

 

ジェンティルドンナと岩田さんのタッグで一番好きなレースは何と言っても2012年のジャパンカップです。

これは本当にすごいレースでした。

 

三冠をとったにも関わらず、事前の人気は3番人気。

それは馬の年齢がまだ3歳ということ、そして何と言っても「オルフェーヴル」と「ルーラーシップ」が出ていた為に三番人気まで人気を落としてしまいました。

私は間違いなく、この馬が優勝をすると思い単勝を買いました。

 

そして待ちに待ったレースが始まり、最後の直線オルフェーヴルとジェンティルドンナが直線で並びました。

並んだ瞬間は、オルフェーヴルに負けるかと思いましたが本当に僅差でジェンティルドンナが勝ちました。

 

最後の2頭の叩き合いは本当に見ていて凄かったとしか言えません。

ジェンティルドンナはまだ引退していないのでこれからも岩田さんとのタッグを観ることができます。

これが私にとって本当に幸せなことです。

 

2012年 ジャパンカップ 1着 ジェンティルドンナ 【競馬】

 

 

 

 

勝負への執念岩田康誠

 

 

私は「岩田康誠」騎手が好きです。

ジョッキーが勝負に拘ることは当たり前ですが、岩田騎手は数多くの騎手の中でも、特に勝負への執念が強いと思います。

岩田騎手は地方競馬出身なので、その辺りも中央出身のエリート騎手には負けられないという思いが強い要因かなと想像しています。

 

時には、騎乗が強引だとか、競走馬を潰してしまうなどと揶揄されることもありますが、思い切りの良さは岩田騎手の魅力だと思っています。

買った馬券の騎手が消極的なレースをして負けると正直少し腹が立ちますが、岩田騎手は本当に思い切りが良いので、例え買った馬券が絡まなくても納得できます。

 

岩田選手の最近の活躍は目覚ましく、昨年は惜しくもリーディングジョッキーを逃してしまいましたが、2011年にはJRA最多賞金獲得騎手にも輝いています。

また、G1レースでの勝利も多く、昨年はG1で8勝を挙げています。

 

騎乗中は勝負への執念を燃やす岩田騎手ですが、普段は「天然キャラ」というギャップも魅力です。

 

岩田騎手は「長嶋茂雄」監督のように「ドキューン」、「ズキューン」などの擬音を多用することで知られていて、真剣にインタビューに答えていてもどこか笑えてしまいます。

また、自分の名前を書き間違えて高校入試に失敗したため、競馬学校に入学することになったエピソードはあまりに有名です。

 

勝負への執念と天然キャラが魅力の岩田康成騎手をこれからも応援していきたいです。

 

2012年第32回ジャパンカップ / 岩田康誠騎手勝利ジョッキーインタビュー

 


 

 

岩田康誠騎手を応援しています。

 

 

毎週のように競馬をするのですがその中でも大好きな騎手が居ます。
それは「岩田康誠」騎手です。

 

岩田康誠騎手は最初からJRAでデビューした訳ではなくもともとは園田競馬の地方騎手でした。
園田競馬時代はトップ勝利数を重ねてかなり存在感がありました。

 

地方競馬騎手として菊花賞で「デルタブルース」に勝ったのは多くの競馬ファンを驚かせたと思います。
今でもその菊花賞のレース展開は忘れる事ができません。
2006年にJRA所属の騎手に移籍してからは怒涛の勝利数をあげていきます。

 

馬券を買って当たった時は、やっぱり岩田康誠を信頼して良かったなと思いますし、買っていなかった時は岩田康誠が乗っている馬を素直に買っておけばよかったと後悔する事も多々あります。
勝った時には豪快なパフォーマンスで競馬界を驚かせる事がありますが、勝利者インタビューはかなり真面目でそのギャップが何とも良いです。
2011年には最多賞金を獲得した騎手として名を馳せることになります。

 

特に2012年の活躍はものすごいものがありました。
テスタマッタ」でフェブラリーステークスを買ってから怒涛のGI劇で「ディープブリランテ」でダービを勝ち、年末の地方競馬のGIの「ローマンレジェンド」まで制してこれ以上にない成績を残して、全てのレースを見て本当にすごすぎると感心しました。

 

特に「オルフェーブル」に勝った2012年ジャパンカップの捌き方は驚く内容でした。

 

岩田康誠騎手爆笑インタビューwww

 


 

 

岩田康成が好きな理由

 

 

競馬そのものが好きで、馬をこよなく愛するような人達には、「岩田康成」のような「追える」騎手は良く思われません。
若手騎手と同じように、「馬を壊す」「やりたい放題」だとかいう声が良く聞かれます。

 

しかし、少なくとも、岩田康成という騎手は間違いなく馬券対象として計算しやすい騎手の1人です。
なぜなら、確実に勝てないような状況や馬の能力であっても、掲示板に載せるための騎乗をしてくるからです。

 

特にトップジョッキーになると、レースの展開や馬の脚色によっては、勝負できないと見て余計な疲労を残さないために、レースをしないことが多くあります。
これは、勝ち負けになるレースを期待されるトップジョッキーゆえに判断を任されているのであって、がむしゃらに追いまくって着を拾っても、馬を壊してしまうような事は許されないからです。

 

そして、時々競馬ファン(特に馬券を主とするファン)から大ブーイングが起こります。
オーナーサイドから見ても、馬好きのファンから見ても、今後を考えれば勝てないレースを捨てるのは当然ですが、馬券を買っているファンにとってはそうもいきません。

決して勝てるレースを捨てている訳では無いはずですが、「せめて2着3着はないのか?」と思ってしまいます。
トップジョッキーと言われる騎手の中で、岩田康成騎手がレースを捨てるところは、あまり見たことがありません。

 

騎乗姿勢をなんと揶揄されようと、「馬を着に持ってくる可能性が高い」数少ない騎手の1人です。

 

岩田康成のカミカミインタビュー 2012 フェブラリーステークス

 

 

(画像出典:Wikipedia)

 

岩田康誠(いわた やすなり)

1974年(昭和49年)3月12日

兵庫県姫路市出身

日本中央競馬会 (JRA) 所属