一番人気はいらないから一着だけ欲しかったサニーブライアン

 

1997年のクラシック注目馬は「メジロライアン」の子供の「メジロブライト」でした。

ライアンも人気がありその子供のブライトのクラシックでの活躍を期待してクラシック第一弾の皐月賞は当然一番人気メジロブライトでした。

 

私もメジロブライト一押しで、他は当て馬のような感じで見ていました。

他の出走馬を見てみると「ヒダカブライアン」や「サニーブライアン」の名が。

数年前に三冠馬となった「ナリタブライアン」の二番煎じみたいなもんだと思い、興味もありませんでした。

 

そして出走となり、いきなり大外からサニーブライアンが先頭に踊り出てレースをリードします。

逃げ切りというよりは前にたちペースを落とすような走りでしたが、最終コーナーを回り、有力馬が追い込んでくるかと思いきや、なかなか先頭が落ちてこない。

そのままゴールとなり一、二着馬の人気薄もあり馬連は5万円の超万馬券となりました。

 

クラシックホースとなったサニーブライアンでしたが次のダービーでも6番人気でした。

中山に比べて直線の長い府中では間違いなく差されるという公算が高かったからです。

レース本番、やはり前走と同じく大外から先頭に躍り出て皐月賞と同じレース運びとなりました。

最後の直線長い長い府中の直線で誰しもサニーブライアンが後退するのではと思われていたものが逆に後方馬を置いていき、二冠を達成してしまいました。

 

騎乗の大西騎手は勝利インタビューで「一番人気はいらないから一着だけ欲しかった」とコメントしましたが、まさにしてやったりという気持ちだったと思います。

皐月ではまさかの勝利でしたが、ダービーは同じレース運びで直線で堂々の圧勝。

いずれもサニーブライアン絡みの馬券を購入しなかった事が悔やまれますが、私の中で素晴らしいレース運びと名言を残してくれたこの馬は忘れる事は出来ないです。

 

日本ダービー サニーブライアン