内回りG1スペシャリスト・ドリームジャーニー

 

凱旋門賞で世界一まであともう少しだった、日本現役最強馬のオルフェーブルの全兄が「ドリームジャーニー」です。

私は、ドリームジャーニーのピッチ走法が大好きでした。

 

競馬の魅力でもある、直線一気の末脚のイメージではあるのですが、東京競馬場や阪神競馬場の外回りの長い直線を得意とするのではなく、内回りで直線は短い競馬場で、コーナーから捲り気味に加速して最後の直線で凄いスピードで他馬を圧倒する!
そんな魅力がドリームジャーニーにはありました。

 

獲得したG1も宝塚記念と有馬記念の春秋グランプリです!

2レースとも4コーナー手前くらいから、捲り気味に進出して加速、そして直線ゴールまでは、他馬とスピードが違っていました。

そんなドリームジャーニーも今では、「オルフェーブル」の全兄という代名詞の方が似合っているのかもしれません。

 

しかも、「ステイゴールド」(母父メジロマックイーン)は、昨年の2冠馬ゴールドシップにも共通する黄金配合と呼ばれるほどになりました。

ドリームジャーニーは、2歳G1の朝日FSを勝ってから、期待されながらも中々良い結果を出せませんでしたが、5歳になってから復活し、見事にグランプリを勝利しました。

 

弟のオルフェーブルはクラシック3冠を獲得し、凱旋門賞でもあと一歩の所まで行きました。

兄のドリームジャーニーの様に、5歳で全盛期を迎えることになるのであれば、今年こそ凱旋門賞にてが届きそうです。

 

 

 

小さな巨人のドリームジャーニー

 

 

私は一番好きな競走馬は「ドリームジャーニー」です。

馬名の意味は「夢への旅路」というのもものすごくかっこいいですし、その名に違わぬ活躍をしました。

 

デビュー戦と芙蓉ステークスを快勝してG1の朝日杯を勝って最優秀2歳牡馬に選出されるなど素晴らしい成績を残しました。

しかし3歳になると勝ちきれないもどかしいレースが続きます。

クラシックは結局勝てずに終わってしまって3歳シーズンは神戸新聞杯を勝ったのみとなってしまいました。

 

4歳シーズンも惜しいレースばかりで早熟かなと思ったのですが、5歳になって急成長を見せました。

大阪杯ではダービー馬「ディープスカイ」を差し切り、距離が長い印象の天皇賞でも3着に入ったり体調がいい印象を受けました。

宝塚記念は同じくディープスカイを差し切り2着には2馬身近く離す完勝でした。

2歳のG1を勝った馬が5歳になってG1を勝つのは珍しいと思いましたし、さらに私はドリームジャーニーの虜になってしまいました。

 

秋はグランプリ連覇を狙っての有馬記念でしたが、出遅れてしまいどうなのかなと思いました。

しかし結果として後方待機が功を奏して見事に差し切り勝ちを収めて春秋グランプリ連覇を達成しました。

 

この結果最優秀4歳以上牡馬に選出されました。

何かのきっかけに覚醒する馬なのだと思いましたし、ドリームジャーニーの特徴は馬体重です。

一番重くても430キロ台という小柄な馬なのに末脚は素晴らしいものを持っています。

ドリームジャーニーは私が一番最初に好きになった馬です。

 

~ドリームジャーニー両グランプリ制覇!~ 第54回有馬記念