ゴール前の切れ味「ナリタタイシン」

 

ナリタタイシン」は1993年のクラッシク戦線で活躍した牡馬です。

鹿毛の綺麗な牡馬で主戦騎手は武豊でした。
この馬に最初に見惚れたのは、ラジオたんぱ杯3歳ステークスでした。
後方から一気に追い込む、いわゆる「鬼脚」は本当に見応えのあるもので、惚れ惚れするものでした。

 

この馬にとって燦然と輝き、皆の脳裏に浮かぶのは、やっぱり1993年の皐月賞だと思います。

1993年当時に、クラッシク戦線で人気となっていたのは、柴田政人の「ウィニングチケット」、岡部幸雄の「ビワハヤヒデ」、そして武豊の「ナリタタイシン」の3頭でした。

 

皐月賞当日は、一番人気は確かウィニングチケット、二番がビワハヤヒデだったと思います。
穴馬好きの私でも、この三強以外にはありえないと考えていましたが、この馬は追い込み脚質で、中山の4つのコーナーを回るのは少々不利だろうと全幅の信頼を置くことはできませんでした。

 

けれども兎にも角にも、その容姿は見目麗しく、美しい鹿毛は光り輝き、競走馬自体の魅力に溢れていました。
また他の2強と比べて馬体は小さく確か420kg台で、とても可愛らしく、応援せずにはいられない感じの馬だったのです。
それと、後方一気からゴールを目指してマリのように弾ける走法は本当に魅力的でした。

 

結果、皐月賞はビワハヤヒデともう一頭がゴールする寸前に、後方から一気にナリタタイシンが一気に差し切りました。
それは、それは、本当に「弾ける」ように、武豊を背中にのせて飛んできたのです。
控えめにナリタタイシンの単勝買いをしていましたので、大した儲けにはなりませんでしたが、「とてもいいものを見せてくれた、どうもありがとう」という気分に満ちたのをよく覚えていますし、あの勇姿を忘れることはできません。

 

ただ、この馬は悲しくも、その後病気と屈腱炎でふるいませんでした。

翌年の目黒記念を勝ち、1995年には引退してしまいました。

個人的に馬券としては美味しい馬ではけっしてありませんでしたが、容姿と走法においては、歴代の競走馬の中で十指に入ると思います。

 

ナリタタイシンに会いに行った 2011