一日に競馬で賭けてよいレース数とは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全レースで張っていては、お金がジャンジャン減っていって、すぐにお金が無くなってしまいます。

競馬で勝ち続けるためには参加するレースは絞り込みます。

賭けるレースは1日に2回が最大です。

 

1日2回、本命の馬が登場する重賞レースに絞り込みましょう。

1回レースに賭ける金額は平均で1万くらい。

1日2レースで2万円前後となります。

 

これが勝ち続けるプロとなるための条件です。

全レース1万ずつでは何十万円持っていても直ぐに消し飛びます。

なので重賞2レースに絞り込みます。

前回、競馬で勝つコツは単勝で勝負する で解説した単勝と複勝を混ぜた買い方で1レース1万円前後で賭けます。

 

この方法で2レースすると最低でもどちらかはカスリます。

なので2万損することは、まずありえません。

 

当たれば大勝、負けても1万5000円前後には抑えられる計算となります。

これを続けることによって負けにくく、勝ちやすい状況を維持できます。

 

負けを抑えて大損を無くし、勝ったときはガッチリと稼ぐ。

この収支のバランス感覚が競馬で生活していくためには大事なこととなります。