初めての競馬観戦の手順

 

競馬の楽しみ方はまず生きている馬が広い競馬場の中を走っている姿を見ることです。

競走馬が走るときに出す足音、騎手の動き、そして人々の歓声。

目で、耳でそして頭を使って楽しめる、それが競馬の魅力です。

 

初めて競馬を観戦するならまずは「競馬新聞」を買いましょう。

スタンド席をとる場合、重賞の開催される日曜日は埋まっていることが多いので「土曜日」がベターです。

土曜日ならのんびりと競馬観戦を楽しむことができるでしょう。

 

競馬新聞を買ったらいざ観戦です。

新聞の見方ですが最初は視覚的に、馬の名前の上に「」や「」がついている数が多い馬が強いと思ってください。

そのようなしるしは競馬新聞の記者が過去の成績や最近の調子などを参考にしてつけたしるしです。

プロから見て勝つ可能性が高い馬と考えてよいでしょう。

しかしそういった馬はたいていオッズ(倍率)が低くなっています。

2.5とか10.1などの数字が競馬場のモニターに表示されていると思いますが、それがオッズです。

 

2.5となっている場合、100円を賭けて的中したら250円になるという意味です。

競馬新聞でしるしの集まっている馬はそのような感じでオッズが低いです。

しかし逆にしるしのない馬はオッズが高くなる傾向があり100倍を超えるケースもでてきます。

100円をかけて1万円が払い戻される、いわゆる万馬券というものです。

ただ当たる確率はそれだけ低くなりますのでご注意を。

小額でチマチマ賭ける分には楽しみも増えて良いと思います。

 

馬券の種類も多く、最初はどうやって買ったらいいのかわからないと思いますので直感で、応援したいと思った馬の「応援馬券」をかうとよいでしょう。

応援馬券は単勝(勝ち馬を予想する方式)と複勝(3着以内にくる馬を予想する方式)を同じ額づつ購入する券種で、緑色のマークシートを使います。

マークシートの書き方はJRAのホームページでも紹介されていますので、競馬場に出かける前に一度目を通しておいたほうがよいかもしれません。