G1は1勝しか出来なかったけれど好きだったなあ、メジロライアン

raianメジロライアン」、主戦ジョッキーは若き日の「横山典弘」。

クラシック3冠どれも期待されながら届かず、G1は宝塚記念のみと期待の割には成績が伸びなかった馬ですが、好きな馬でした。

 

初めてライアンを知ったのは皐月賞前哨戦の弥生賞、まくって1着。

なんて強い馬なんだ」、という印象で皐月賞ではライアンを応援する事にしました。

 

その皐月賞は、4コーナーでの位置取りが悪くて最後伸びるも3着でした。

しかし、中山では勝てなくても東京競馬場でのダービーならば末脚が生きるだろうとダービーも応援しました。

 

そのダービーの優勝馬は「アイネスフウジン」でした。

逃げ馬であるアイネスフウジンが一生に一度というような走りをされてはライアンもかないません。

 

あの1馬身はどこまでいっても縮まらない1馬身だったのでしょう。

 

ダービーで運の無かったライアンですが、京都新聞杯では重馬場ながらレコードで勝つという離れ業をやってのけます。

そして満を持しての菊花賞でしたが、すい星のように現れた「メジロマックイーン」に敗れてしまいました。

 

今度こそは、の有馬記念でしたが、何もあの「オグリキャップ」ラストランに遭遇するとは。

 

仕掛けが遅かった感がありますが、2着でゴールでした。

当時の5歳馬となり、春の天皇賞に臨むもまたまたマックイーンに敗れてしまうと、もうこれではG1は勝てないかなと正直な所思いました。

 

それで迎えた宝塚記念、それまでのライアンは後方待機の差し馬だったのですが、何とスタートから暴走?と思われる好スタートで終始前に位置取り見事マックイーンを破り、悲願のG1勝利をもぎ取ったのです。

 

あの宝塚記念の位置取りに関しては、ライアンがもう屋根には任せておけない、自分のレースをする、と自らスタートしたなどと言われています。

本当の事かどうかは分かりませんが、忘れられないレースです。

 

横山騎手の位置取りに批判があったりしたのですが、振り返るとアイネスフウジン、メジロマックイーン、オグリキャップと相手に恵まれなかった、不運な馬であったと思います。

 

しかし、宝塚記念を制して堂々とG1馬となったメジロライアン、忘れられない1頭です。

 

メジロライアン 第32回 宝塚記念 平成3年 1991 (GⅠ)