鞍上あってこそのナリタトップロード。

 

サッカーボーイ」譲りの栗毛の馬体でファンが多かった「ナリタトップロード」。

 

しかしナリタトップロードを語る上で切っても切り離せないのが鞍上「渡辺薫彦」騎手でしょう。

 

ナリタトップロードは、デビュー前からそれほど注目されていた馬ではありませんでした。

当時の競馬はとにかくサンデー産駒が大活躍で、さらにこの年は2冠牝馬ベガの初仔となる「アドマイヤベガ」がいましたから、より注目が集まらなかったともいえるでしょう。

 

新馬戦2着に敗れたものの、折り返しの新馬戦を快勝。

レベルの高かった福寿草特別3着から次走に選ばれたのが重賞きさらぎ賞でした。

 

1番人気は朝日杯2着の実績を持ち、「武豊」が乗る「エイシンキャメロン」。

 

それでもトップロードはエイシンに次ぐ2番人気に支持されたのです。

結果はナリタトップロードがクビ差、エイシンキャメロンを退け重賞制覇。

 

続く弥生賞ではアドマイヤベガを下して重賞連勝、そして2番人気で皐月賞へと駒を進めます。

 

しかし大トビのナリタトップロードにとって小回りの中山コースは合うとはいえず、結果3着。

広いコースのダービーなら…との想いを強めたのは当然でしょう。

 

しかし競馬の神様は残酷でした。

1番人気で迎えた日本ダービー。

それまで大きな実績もない渡辺騎手からすればこの上ないプレッシャーだったでしょう。

直線で早めに抜け出す形になってしまい、冷静にレースを読んだ武豊鞍上のアドマイヤベガにゴール前できっちり差し切られてしまいます。

 

ここで渡辺騎手への騎乗法に疑問符が投げかけられるようになるのです。

なんでも外国人ジョッキーを乗せる現在なら乗り替わりもあったかと思います。

 

しかし、オーナーサイド、調教師からの意向で渡辺騎手降板はなかったのです。

 

その期待に応えるように渡辺騎手は、3冠最後の菊花賞ではナリタトップロードの持ち味を最大限に生かす騎乗を見せ、見事に結果を出したのです。

 

最近の競馬はとにかく結果がすべてのような風潮になっていますが、競馬はロマンでもあります。

このような師弟愛はやはりわれわれ日本人の本質だと思いますので、これからもこのような競馬が観たいと思います。

 

第49回阪神大賞典 ナリタトップロード